インタビュー

就活生のみなさんが気になっている選考のこと、全部聞いちゃいました。

編集部メモ

ユーキャンの選考では、どんな人がどんな質問をするのか。気をつけなければいけないポイントはあるのか。そんな選考に関するあれこれを、採用責任者に直接聞いてみました。ぜひ、選考を受ける際の準備に役立てていただけたらと思います。

プロフィール

芥川(Akutagawa)

1995年入社。人事部採用育成課課長。通信販売部門でマーケティング業務に従事したのち、人事部へ。

質問① 面接官はどんな人ですか?

芥川:すべて当社の社員が担当します。現在の一次面接はリーダークラス、二次面接はマネージャークラス、三次面接以降は役員です。

質問② 求める人物像について教えてください。

芥川:下記のような方と出会いたいと思っています!
・ポジティブで素直な人
・ホスピタリティがある人
・自立・自律している人
・好奇心旺盛でイノベーティブマインドにあふれる人
・冷静に考え情熱をもってやり抜く人

質問③ 選考ではどのような点を見ていますか?

芥川:質問②の「求める人物像」にもとづいて、当社の仕事をするうえで重要な力やマインドをどんな面でどんなふうにお持ちか、また企業理念や社風とのマッチングなどを段階的に拝見しています。

質問④ どんな自己紹介が面接官に響きますか?

芥川:自己紹介に限らず大切にしていることは、借りものではないご自分の言葉でお話いただいているかどうか。当社はすべて個人面接ですが、あなたならではのエピソードを短く入れていただけるとどんな方なのかわかりますし、印象に残りやすいと思います。

質問⑤ 志望動機の伝え方にポイントはありますか?どんな話し方だと心に刺さりますか?

芥川:やはりご自分の言葉でお話いただくことです!上手に話そうとする必要はありません。これまでの経験やそこからの気づき、そしてなりたい将来像といったあなたならではのお話から、どうして当社を選んでくださったのかを伺いたいです。

質問⑥ 学生時代の経験でプラスになるものはありますか?

芥川:単に「○○の経験はプラスです!」というものはないですね…。どんな経験でも、それについてどこまで考えていただいているかが大事だと考えています。その経験はご自身にとってどんな意味があったのか、どんな変化や気づきがあったのか?その後どんな風に活かしているか?「どうしてそうなった?どうしてそう思う?」とご自身に対して何度も質問して深堀りして、まとめてみてください。当社の選考以外にも役に立つと思います!

質問⑦ 気を付けたほうがいいことはありますか?

芥川:面接では緊張すると思いますが、目が泳いでしまったり、声が小さかったりするとせっかくのお話が届きにくくなって、もったいないです!面接官の目を見て、オンラインの場合はカメラ目線で、相手に届ける意識ではっきりと話してほしいです。

質問⑧ 場合によっては聞かれる可能性のある意外な質問などがあれば教えてください。

芥川:質問内容については面接官にお任せしてますので、どんな質問が出るかは私にもわからないんです。「自己紹介」や「志望動機」をお聞きしない場合もありますので、それが意外かもしれませんね。

質問⑨ 文系ならではのアピールポイント、理系ならではのアピールポイントはありますか?

芥川:当社では、入社するときに必要な専門知識はないので、専攻分野の有利不利はありません。文系理系どちらであっても、どうしてその分野を専攻されたのか、またどう取り組まれたのか、取り組むことで得られたものなどをアピールしていただければと思います。

質問⑩ ユーキャンの資格を持っていた方が有利ですか?

芥川:受講してくださったとか、試験合格されたとお聞きするととても嬉しいです!が、選考に有利になることはありません(笑)

学生のみなさんへ。

芥川:就活全体にいえることなのですが、しっかり準備をされたうえで、何よりも本来のあなた自身で選考に臨んでほしいです。もちろん選考では多少「よそゆき」にはなると思いますが、別の自分を演じて入社すると、求められるものが合わなくて辛いことになってしまうかもしれません。仕事で本来の自分を発揮できなかったら、とてももったいないですよね。
選考の場で素を見せるのは勇気がいることですが、あなたがどんな人なのか、それを面接官も私たち採用担当も知りたいと思っています。お会いできることを楽しみにしています!

-インタビュー
-, ,

Copyright© FEEL U-CAN , 2021 All Rights Reserved.